復職者もベテランもサイト利用

看護師の求人の状況は、県をまたげばその様相は一変します。さらに、同じ県下であっても地域によっては求人数の多寡に大きな違いがあります。人口の多い都市をかかえる都道府県は慢性的に看護師が不足し、人口の少ない地域であっても、人数的には看護師の数は足りているものの、地域によっては求人を出しても人が集まらないという現状があります。

日本全体を見回してみると、やはり看護師の人数は不足している傾向にあります。これは、現時点での看護の質の低下を招くだけでなく、将来的に後期高齢者の人数が増えることが予想される中で、介護も含めた看護の需要に対応することは難しい状態であると言わざるをえません。そうした状況ですから、各都道府県はもちろん、大小官民を問わず様々な医療機関が看護師を確保するために必死に動いています。

このように、一見すると看護師の求人は、求職側の売り手市場であると言えます。新人であっても中堅・ベテランの天職であっても、潜在看護師の復職であっても、医療機関は常に人材を求めているのです。しかし、だからと言って求人を出す側も、どんな人でも良いわけではありません。当然ながら求人側にも様々な条件がありますし、求職側にもそれは同じことが言えます。特に、求人側からすれば、必要なコストを消費してまで確保した人材が、実際には職場にはアンマッチな人材であったとなると泣くに泣けない状況です。しかし、求職側と求人側が、そうした条件をすり合わせるのはとても難しいものです。これは何も、看護師の求人に限った話では無いでしょう。こうしたアンマッチを防ぐためにも、求職側である看護師も、求人側である医療機関も、看護師専門の求人サイトを利用するのです。

看護師の仕事は、他の仕事と比較すると特殊な仕事であると言えます。特別な教育を受け、その能力を証明する資格を持った人だけがその仕事に就くことができます。こうした、特別な人材を確保するには、互いの希望を十分に理解した看護師の就転職サイトが中立ちすることによって、求人側である医療機関は、自分たちの希望を満たすことのできる人材を、求職側である看護師は、自分の能力と条件にマッチした職場を見つけ出すことができるのです。また、多くの看護師求人サイトは、登録しなければ確認することのできない特別な求人情報を持っています。これらは非公開求人情報と呼ばれ、全体の7割以上の量があるにもかかわらず、諸条件において公開されている求人案件よりも求職側に有利な求人情報が掲載されています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です